帰宅後のダメ父ちゃんモードな私が4人のこどもたちと遊ぶ方法を図説・解説しよう

こんにちは、ナチュロボです。ひさびさに教育ネタでございます。

…がしかし、安心してください!今回の記事はお役立ち記事ではございません!ただの現状報告ですが、こどもたちに囲まれたダメ父ちゃんはいったいどういう運命をたどるのか?を解説します。

ナチュロボのモードの種類

まぁわたくしナチュロボはサラリーマンですが、いくつかのモードが存在します。「仕事モード」「雲隠れモード」「屋外活動モード」「パソコンモード」…などなど。

全部で何十種類くらい?はそのモードが存在しているような気がします。各種モードを使いこなすことで、ありとあらゆる問題にテキトーに対処していくわけですね(オイオイ)。

そんな私の数あるモードの中で最も支配的なモード…それは「無気力モード」です。みなさんにもこのモード装着してますよね?

え?ない?…だとしたら相当な賢者様…!崇めさせてくださいm(_ _)m…!

帰宅後の速やかなる3つの状態変化

さて、その「無気力モード」はほぼ毎日、帰宅したとたんに訪れます。ふと、自分の身に降りかかっている重力というものに気づくのです。

人間っていうのはですね、無気力になるととたんに「重力」に支配されるのでは、というのが私の持論です。その後の状態を図説すると以下のとおり。

一度膝をついてしまえば、もう重力の奴隷です。あとは上半身が無事に着陸するように、自分をコントロールすることのみに全神経が注がれます。

そして重力様の指示どおりに、全身を床に吸着させるのです。こうなると、この支配下から脱出するのは至難の業。体感的には、このときの床の重力は通常の2~3倍はあると感じます(んなこたぁない笑)。

こどもたちと遊ぶ(というより遊ばれる)準備

…で、大事なのはここからです笑!このモードの姿の父ちゃんって、こどもたちにとっては半端ない魅力がどうやらあるようです。

もしダメ父ちゃんモードを仰向けでやってしまった場合は、直ちにうつぶせになりましょう!ダメージを受けて後悔してからでは遅いですよ!

まずは、一番下のこどもが乗ることから始まります。

大事なのは、「一番下のこ」(比較的体重が軽い)を、上半身側にきてもらうことです。

なぜかというと、このこどもたちは乗るだけではなく、その後、上下運動を始めるからなのです!その上下運動のダメージたるや…。

「…うごぉ!」

「あがっ!」

だからこそ、一番小さい子に一番さきにきてもらい、ダメージを少しでも軽減することが肝要なのです。

一人目がうまいこと肩より少し下に座ってくれればしめたものです。続けての2人目は、うまい具合にお尻のちょっと上ぐらいの場所にポジショニングしてくれます。

この場所は比較的安定しているので、「必殺!上下運動」をされても、受けるダメージは知れたものです。自由に運動させましょう。

3人目はお尻のやや下、4人目はひざあたりに配置。

足だから大丈夫だと思いきや、3人目と4人目は長男または長女級。上下運動によるダメ父ちゃんへのダメージは考慮する必要があります。

ただし、こちら側の指示もある程度的確に聞いてくれる年齢ぐらいにはなっているので、あまりにもダメージがひどい場合には、動かないようにしてもらいましょう。

後は自由に上下運動を楽しんでもらうのみ

ここまでくれば、なぜか勝手に、こどもたちは楽しみます。上下運動をひたすらにやり続けるのです…

こちらが奇声を上げたときのこどもたちの喜びようったら…。結構楽しめるようです。

…しかし、体を大切にしないと、今後の仕事にも、育児にも支障がでます。

ので、可能な範囲で、楽しみましょう!

くれぐれも、背骨を大切に…!

まとめ

まとめきれんわ!こんな記事!

それでは、また!
ナチュロボより

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毎日こども4人をお風呂洗い!そんな日々で気づいた5つのこと

教えるって楽しい!人に何かを教えるときに大切にしている7つのこと