毎日こども4人をお風呂洗い!そんな日々で気づいた5つのこと

こんにちは、ナチュロボです。さて、久しぶりの更新となりましたが、今回は子育てのお話です。

自慢ではないのですが、いや、自慢じゃないですよ?(←自慢したい気持ちを隠そうと必死だが、まったく隠すことができていない、いい例)

実は、ナチュロボは、ほぼ毎日、子供4人をお風呂にいれているのです!ドーン!

|ω・`)…チラッっ

…え、あ、はい、さて、気分を取り戻して、タイトルの内容について考えてみます汗

こどもたちを4人同時に風呂に毎日入れて、気づくこと

それはもう毎日の出来事なので習慣化していますが、これを機に、気づいたことを記しておきます~。

0.75坪の浴槽でも、全員入りきれないこともない

我が家のお風呂は0.75坪(長さ120cmくらい)タイプで、私が浴槽に入っても、足を延ばすことはできません。

…ですが!4人のこどもといっても2人は小学生、2人は保育園児なので、なんとか全員が浴槽に入ることも可能です!

写真をUPしたいところですが、いろいろと問題がありそうなので、やめときます笑。

また、ぎゅうぎゅう状態にはなりますが、お風呂のお湯が少なめですむ!というのと、こどもと密着するという幸せ感?を味わうこともできます~。

肌の状態の変化がよくわかるようになる

さすがに毎日お風呂にいれていると、ちょっとした変化にも気づきやすくなりますね。

夏だからアセモができてきてるな~、とか、ちょっとここは遊びすぎてケガしたんだな~、とか、季節が冬になってカサカサになってきたな~です。

大した発見ではないかもですが、日頃の変化がわかると、ちょっとうれしいです。

苦手だった水を少しづつ克服していく様子がわかる

今でも実は苦手なのかもしれませんが、長男くんは顔に水がかかるのがよほどいやなのか、数年前はよく泣いていたものです。

…が!小学生になってからはほとんど問題なくなりました。成長を感じ取れてうれしいですね~。

末っ子は、最後に親と一緒に浴槽に入るのがベスト

4人を順番に洗うので、洗っては浴槽に入ってもらう、を4人繰り返します。

ただ、末っ子(1歳)を最初のほうに浴槽にいれてしまうと、親が一緒に浴槽に入っていないので溺れないか若干心配になります…。

歩けはしますが、つるっとすべっちゃいそうですし。

ので、我が家では末っ子はいつも最後に一緒に浴槽にはいってます!こうすればぎゅうぎゅう状態になるので、滑って溺れることはありません笑。

夫婦で役割を分担するとスムーズ

我が家では、まずは私が浴室で待ち構えています。そこに、奥様がこどもをお風呂場までつれてきて、服を脱がし、どんどん浴室にいれてもらいます!

そうすることで、濡れた状態で次の子の服脱がし、をしないでも済むので…。ということで、お風呂入れは夫婦連携ができるとよりスムーズですね~。

まとめ

ということで、毎日の習慣、4人のこどもたちのお風呂入れで気づいたことでした~。思い付きで書いてみようと思ったのですが、意外と書けるものですね~。

それでは、また!
ナチュロボより

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教えるって楽しい!人に何かを教えるときに大切にしている7つのこと

帰宅後のダメ父ちゃんモードな私が4人のこどもたちと遊ぶ方法を図説・解説しよう