実はしれっと世界一(ギネス登録済)な野菜…その名は…キュウリ!

こんにちは、ナチュロボです。最近は我が家で大絶賛収穫!できたキュウリについてです。

実は実は、キュウリって世界一な要素があるんですよ。ちゃんとギネスに登録されてます。ではどういった理由で世界一…なのか、調べてみました!

キュウリが世界一である要素…それはカロリーの少なさ!

世の中、「一番多い!」「一番すごい!」的な本当の意味(?)でのナンバーワンもありますが、その逆、「一番少ない!」「一番なんてことない!」っていうことも、れっきとした「ナンバーワン」なのでございます。

(…ワーストワンだなんで言わないでワン ∪・ω・∪)

…ん?何か聞こえたかもしれませんが、まぁ気のせいでしょう。では、ギネスにはどういう書かれっぷりをしているのでしょうか。

ギネスの日本公式サイトから引用でございます。

ギネスワールドレコーズでは、「きゅうり」に対して、次の記録名で認定をしています。

Least calorific fruit

というものです。

これ、日本語に訳すると、「カロリー(発熱量)の最も低い果実」となりますね。しかし、「発熱量」というものが、そのまま「栄養素」なのか? と言われれば、厳密には「違う」ということになると思います。なぜなら、人間が体を動かす「熱量」という意味では、確かに「栄養」でもありながら、正しく「栄養」の英語は、”Food Value”や“Nutrition Value”となるので、”Calorific”とは、大きく印象が異なるということがおわかりいただけると思います。

世界一、世界記録のきゅうりの世界を覗く|きゅうりとギネス世界記録

ふむふむ、直訳すると、「最もカロリーの低いフルーツ」ということでございますね。

ん?いやちょっと待って、キュウリってフルーツじゃないのでは?と思いました。しかし調べてみると、外国ではfruitsって、実になる植物一般を指すようで、キュウリも含まれるとのことです。ほほぉおお!

ありがちな勘違い:「栄養価がない」ではない!

で、わたくしも見事に勘違いしていたのですが、きゅうりは「栄養価がない」ものと勘違いしていました。

しかし!そういう意味ではなく、純粋にカロリーがない、という意味なのでした。栄養は、ビタミン、カリウム等がちゃんと含まれていますよ~!

なにはともあれ、キュウリはうまい

まぁ、カロリーや栄養があろうとなかろうと、キュウリが「うまい!」ことに変わりはありません

菜園メンテ作業後に、収穫したキュウリを食べるときのあのうまさ…。一度はまるとやめられませんなぁ~。

マヨネーズを付けて一本満足!でぼりぼり食べるもよし、つけおいて浅漬けにするもよし…あぁ、きゅうり食べたくなってきました。

まとめ

繰り返しになりますが、きゅうりはうまいです!水だってほとんどカロリーないですけど、ぐいっと飲むとおいしい!

キュウリも水分ばっかりですが、夏場の水分補給と食事に欠かせない野菜ですね。

これからもどんどん収穫して、食べて、低カロリー栄養&水分補給といきますよ~!

それでは、また!
ナチュロボより

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然菜園のいきもの:(2) 美しくモフモフな蝶、ベニシジミ

雑草という名の草、害虫という名の虫はいない

世界最凶の辛さ!キャロライナ・リーパーを育てて、食べて、加工してみた

できることから実践検証!庭での(プチ)自給自足計画

現代農法、有機農法、自然農法。その違いと将来の農法を考えてみる

実は食べれる!ソラマメの内側のワタを観察してみた