庭田んぼのイネ 育苗:(4) まさかの成長!今後の行方はいかに

こんにちは、ナチュロボです。今回は育苗に関する記事でございます。前回の記事に書いた通り、育苗はもうほぼ失敗か!?と思われる状況に陥ったのでした。育苗について心をへし折られた気分でした(いいすぎ笑)。

その育苗箱についてはその後、丸ごと、庭田んぼのなかに沈めておいたのでした。もしかしたら、残ったお米が復活して芽を出してくれるかな…?と淡い期待を抱きながら。

こんにちは、ナチュロボです。1カ月前から、着々と準備を進めてきた、イネの育苗についてです。 本日は温かかったので、嬉々と、「芽がでてないか...

庭田んぼの隅に置かれた育苗箱

庭田んぼに育苗箱を設置して、早くも2週間が経過しました。久々に様子を確認しにいってみると…むむむ。やはり状況はあまり芳しくないか…。と思い、もうちょっと近くでかがんで観察してみました。すると…。

…おおおぉぉぉ!芽が伸びている!

 

前回、これでもかというほどお米を食べられていました。ので、予想外に多くのコメが芽を出していて、驚きです!いやぁ、嬉しくなりますねぇ~。自然のパワーは素晴らしい。

コメを育苗箱に埋めるときには、できるだけまんべんなく、土に入り込むようにもみ殻を埋めていたのでした。

もしかするとそれが幸いして、食べられるのを防げたのかもしれません。燻炭の効果もあったかもしれないですね。

芽と芽の間に花びらが入っているのは春ならではのご愛嬌といえますでしょうか。なかなかいい感じです。

また、なぜか不思議とこの育苗箱ゾーンに、めだかたちが集まっているのも確認できました。

ひょっとすると、この土の中にはメダカたちの食料となりえるいきものがはいっていたのでしょうか?ナゾですね…。

今後の苗の成長の行方

ということで、苗の成長の現状報告でございました。基本的には田植えは5月に行いたいので、それまでにどこまで成長してくれるのでしょうか?期待です。

ですがしかし、現状の様子だと、庭田んぼ全域に田植えするのは数が足りないかもしれないですね。

その場合に備えて、近所の田植えイベントで苗をゲットするか、知り合いの農家さんにおすそ分けしてもらおうと思います~。

※ 2017年5月追記
結局、この苗たちはうまく育つことができませんでした…トホホ。また、庭田んぼが漏水を起こしてしまったので、後日その対策工事を実施しています。合わせてどうぞ~。

こんにちは、ナチュロボです。電動井戸ポンプ動作、その水の出る量の調節や、漏水に四苦八苦しながら、なんとかかんとか、1年以上維持してきた庭田んぼ。...

それでは、また!
ナチュロボより

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

庭田んぼのいきもの:(4) 巻き貝の卵ゲット!&一緒についてきたミズミミズ

庭田んぼのいきもの:(3) すいすい泳ぐミズムシ、爆殖する巻き貝

いきものを守るのはなぜ?それは生物・行動多様性ゆえに人間・地球が救われるから

庭田んぼでお米を作る!:(4) 漏水発覚!とその対策工事&田植え完了

庭田んぼのいきもの:(10) シオカラトンボのカップルの交尾、産卵現場を直撃!

庭田んぼのイネ 育苗:(1) うまくいくかな?初めての育苗に挑戦!